ギターすこすこ日記

ギターに関するアレコレ

ギターすこすこ音楽概論③【エレキ・ギターが主役に躍り出たインスト~サーフ・ロック】

 おいっす!おいす!オイスチャーミルク!久しぶりでゲスね。前回は【ロックンロール、爆誕】をお届けしました。覚えてる?

 

guitarsukosuko.hatenablog.com

 

 今回はギターが初めて音楽の主役に躍り出たと言っても過言ではない、ギター・インスト~サーフ・ロックをご紹介するぜ。

  きっかけはやはりチェット・アトキンスだろう。54年にカントリー・スタイルを取り入れたインスト音楽で人気を博す。そして、58年に”トゥワンギー・ギター”でお馴染み、デュアン・エディがサーフ・ロックの原型を作ると、翌59年にいよいよベンチャーズが登場。もう、関係者全員が発狂死するほどの空前絶後の大ヒットを放つことになるベンチャーズが1st作をリリース。ビーチ・ボーイズはまだもう少しあとだったりするのよねん。

 

ちなみに海を越えた紳士の国、イギリスではシャドウズが「フィーリン・ファイン」(59年)でデビュー。バート・ウィードンは「ギター・ブギー・シャッフル」(同年)が大ヒット。音楽を牽引する英・米は空前のインスト~サーフ・ロック・ブームだったのじゃよ。

 

さて、ここらで代表選手を見ていこう。

 

チェット・アトキンス

 

エルヴィス・プレスリーの代表作「ハートブレイク・ホテル」や「ハウンド・ドッグ」でリズム・ギターを弾いていたというグレッチが似合う男前。まあ、グレッチがクソすぎという理由で以降はギブソンをメインで使うようになるんだけどね。彼の演奏スタイルは”ギャロッピング・ギター”でお馴染み、マール・トラヴィスや、レス・ポール(人のほうね)などにバリバリに影響を受けたもの。最初は批判を受けたものの、サムピックとフィンガー・ピッキングを多用しつつ、開放弦を交えた独自のプレイングはやがてシグネチャー・リックとも呼べるスタイルを確立。夢のレス・ポールとの共作までこぎつけた偉人であろう。そう、中華屋の料理長は言っていたのだ。

 

デュアン・エディ

 

こちらもグレッチが似合う男前。6120ですね。一説によるとロックンロール・ギタリストの中で初めてシグネチャー・ギターを持ったのはヤツだと言われている。サーフ・ロックのプレイの特徴とも言える、低音弦によるリード・フレーズ=”トゥワンギー”を開発した偉人であることよ。このスタイルがベンチャーズに受け継がれて、市民権を得るのであった。そう、フレンチのコックは言っていたのだ。

 

ディック・デイル

 

テケテケの開発者。レフティ。偉大すぎるぅ。ストラトに”ビースト”なる愛称をつけて、ライブでよく使用していたんじゃ。タンザニア。ビーストはかなり改造が加えられたギターで、ピックアップを同時にオンできるトグルスイッチを増設、オリジナルの5連レバー・スイッチ、トーン・ポットを排除、そして、金ピカにリフィニッシュ。いやあ、エグい。そう、料亭の料理長は言っていたのだ。

 

ほかにもインスト・ロック~サーフ・ロックの野郎どもをご紹介しよう。

 

ザ・ベンチャーズ(テケテケ=トレモロ・グリスダウンの代名詞みたいになってますな。)

・ザ・サーファリーズ(「ワイプ・アウト」で有名。)

・ザ・チャレンジャーズ(意外と彼らの1st「サーフビート」がサーフ・ロックの中では一番売れたアルバムなんですわ。)

・ビリー・ストレンジ(ベンチャーズビーチ・ボーイズのギタリストとしても有名ですね。)

 

以上。夏が近づいたらひとりずつ取り上げたいものですな。

 

さて、次回はもうひとつの音楽大国=イギリスまで脚を伸ばしてみましょうかね。そう、イタリア料理屋のオーナーが言っていたのである。